吾唯足知 うさこの独り言

自分の声を聴く・・・

日々の徒然

恐れながら進む

以前の私は様々な出来事を記念日にして、御仁にメッセージを送っていた。 記念日を分かち合いたいというより、普段離れてるため、SNS上で戯れたいというのもあるし、過去を懐かしむのが好きなのだ。 そんな私の戯れに、御仁はそれなりに付き合ってくれた。 …

1.5人で

ゴールデンウイークというのに、特別なイベントはない。 日々は仕事で疲れてしまってなかなか取り組めない自分の書き物に取り組もうと思ってはいた。 けれどいざ休日となると、天気もいいし、屋内に籠って書き物している気分でもないなと思ったりする。 普段…

なんだか寂しいがそれでいい

先日の同僚からの上げ足事件から、少々メンタルの調子が悪い やっぱり他人って怖い 人に心を許してはならない 平然な顔をして、裏でいろいろな批判をする そんな気持ちになっている AC的自己は、いつもゼロか百か、白か黒かで物事を判断する癖がある いかん…

自分との関係

4月17日天秤座の満月 人間関係を見直すタイミングらしい かつての私は、他人のことを軸にして、自分のあり方や人間関係を捉えてきた。 他人からどう見られるか。 他人がどう評価するか。 いま改めて、人間関係を考える時、 私は自分との関係を想った。 これ…

他人は私を守らない

自分を守るのは自分であって、他人は私を守らない。 とても当たり前のことだ。 なのに何故、ずっとずっと他人の顔色を伺い、機嫌を取り、自分を良く見せよう等としてきたのか。 頭では何度も何度も、自分を自分で守ろうと決心しつつ、できないでいたのか。 …

自分の声に従って選択する

今日は御仁との予定を自らキャンセルした。 理由は体調が悪くて気持ちが向かないから。 私が用事以外の理由でキャンセルするのは、記憶上は2回目かと思う。 これまでは、どんなに疲れていても、自分の予定を調整してまでも、逢うことにしてきた。 逢いたい気…

選択はいつも変わっていい

強い人間になりたい 決めたことはやらなきゃ ポジティブにならなきゃ 自己管理出来なきゃ 出来ない人はだめだめ いや何か違うな… ポジティブじゃない時があっていい ポジティブになれるけど、今は、ポジティブでいないことを自分が選択するだけ ポテチ食べた…

ただ生きる

久しぶりに書きます。 これまで何度も書きたい気持ちになりつつも、書く行為までには至らず随分と月日が経っています。 これまで書きたい気持ちになった時というのは、AC的な自分がこれまで以上にずいぶん回復したと感じることについて、書きたいなと思って…

他人の感情に影響される ーネガティブ編ー

新年早々ネガティブ編とは、これ如何にというところだが、自分の中のネガティブを否定しないでしっかり感じきってあげることで、自分を大切にする練習にしたいと思うわけです。 私には姉が2人いるのだが、昨年末、私の態度によって姉の機嫌を損ねる事件が起…

他人の感情に影響される ーポジティブ編ー

突然激高する父親の影響で、他人を怒らせていないかどうか無意識のうちに過敏になる。そんな必要はないと頭で理解しても、染みついたセンサーはそう簡単には消えないものだとつくづく思う。 しかし自分が影響を受ける他人の感情というのは、怒りや批判といっ…

体が知らせてくれたこと

自分の世話をする 自分のケアをする 自分の声を聴く 自分の人生を往く これらのことは、自分がACであることを自覚し、沢山の書籍を読み、意識しているつもりだったし、歳を重ねるごとに随分と実行できることも増えてきたと思っていた。 けれどこれまでの長い…

満月に手放しの練習

今日は中秋の名月 うお座満月のキーワードは「共感」「調和」「変容」 満月には手放したいことを願うとよいとのことにて、久しぶりにブログに書いてみようと思う。 「強くなりたい」と小さい頃からずっと思っていた。 幼い頃から形成された、強さに対する私…

新月に想いを馳せて

今日はしし座新月 キーワードは「正直・自信・決断」 私は満月や新月の日程をチェックしながら、その時々の自分の願いごとを書いている。 ちなみに、7月24日はみずがめ座の位置での満月とのことで、ある占い系サイト情報によると、今年の年間テーマにおける…

相手に執着しない愛

AC的自分は相手に見捨てられるのが怖くて自分が嫌なことを嫌ということができないでいた。 御仁に対しても、不快に感じることがあっても自分の感情を抑え込んで、にこにこしてきた。 しかし、日々ACの傷を癒すための努力を重ねたためか、先日起こった不快な…

自分の気持ちはどうしたらわかるのか

AC的自分は、自分の気持ちを抑えて、周囲を優先させる能力が高い。 それを自分軸で生きなおすために、自分の気持ちをわかる練習中だ。 しかし自分の気持ちはどうやったらわかるのか、今日も悩んだ。 今日は御仁に逢う予定であった。 ここ最近の私は仕事が立…

自分の気持ちを感じる練習

『自分にとって嫌な出来事は、自分の中にある負の感情を吐き出すためにその出来事が起こったのだ』 このような記事を読んだ時、その視点が新鮮かつなるほどそうなのか~と思った。 AC的なわたしにとっては、不快な出来事とは、ひたすら自分を責める材料にし…

心のぽわん~を信じる

人の本質は発する言葉ではなく行動にある わかっているけど、女子は言葉を欲しがる傾向にあり、私もそのひとりだった。 女子の怒りを収めたいがために、ごめんごめんを連発して、実は行動は改めないという男子もいれば、軽々しく謝ることはせず黙って行動を…

とうとう体調を崩す

前回の記事に書いたように、私は自分を蔑ろにしない練習をすると決断した。 そして自分の仕事が佳境なことを優先して、人からの誘いを先延ばしにするというチャレンジをした。少々そわそわしつつも、これは大切な練習なのだと自分を励ました。 そして体調を…

自分を蔑ろにしない練習

私はACにありがちなように、自分を蔑ろにして人を優先するところがある。 人のことを心配し、身を粉にして世話を焼き、気が付いたら自分の為すべきことが置き去りになっていたり、心身がボロボロになっていたり、挙句の果てに感謝すらされず虚しさだけが残っ…

その時の自分を責める今の自分

以前のブログに少しだけ書いた御仁と過ごす時間で起きた不快なこと事件 私は御仁病を脱するのだ!という強い決意で、今度そのことが起こった時には、自分の中に起きたもやっとした気持ちを蔑ろにしないで伝えるという目標を立てた。 「それは控えて欲しい」 …

頭の声と心の声

自分の声を聴くときに、『頭の声』と『心の声』という2つの声があることが理解できるようになった。 様々な本の中でも、精神と感情として、あるいは心と魂として区別して表現されており、その時々ではわかった気になっていた。 けれど、改めて意識して自分…

自分の声を聴くということ

自分の声を聴くということ 最近ようやく少しだけわかってきた気がする。 このブログにも、『自分の声を聴く』と書いておきながら、今までは本当にはわかっていなかった。 自分の中にある声が、自分のものではなく、親から与えられた恐怖に汚染された声だった…